【Click!】街歩きガイド はじめました【Click!】

駒場の1920年~1930年代レトロ建築巡り 昼さんぽコース

#目黒区#レトロ建物探訪#博物館・美術館
なおごんずをフォローする

コース概要

井の頭線、駒場東大前駅からスタートし、東大駒場キャンパスから、日本民芸館、前田侯爵邸を散歩します。コース上には1920年~30年代のレトロ建物がなんと7カ所も。100年近い建物の歴史を感じながら是非歩いてみてください。

【所要時間:約2時間(日本民藝館の内部見学時間を除く)】
【お勧めの曜日:水・木・金・土】
【お勧めの時期:東大の授業開催時期】

東大名誉教授がおしえる! 建築でつかむ世界史図鑑
城、礼拝堂、庭園、塔、港、広場、水道、鉄道…歴史を今に伝える建築を知ることで、古代から現代まで世界史を大づかみする!
SCHEDULE

コース詳細

13:16 | B:1933年建造 東大教養学部1号館

国の登録有形文化財。設計は内田祥三および清水幸重。正門から東大の駒場キャンパスに入ると正面にある。昔の超エリート校、旧制第一高等学校の本館として建てられた。左右対称の造り、縦長の窓、時計周辺の4本の尖塔など、同じ内田作品である安田講堂と類似した意匠となっている(設計時期は安田講堂が先)。一方で異なる点もあり、安田講堂は入口のアーチが1つの典型的な犬小屋スタイルなのに対し、1号館は5個のアーチから構成されている。

4月に訪問したため新入生勧誘の立て看板で埋め尽くされていました。

駒場キャンパスの教養学部1号館
【参考】本郷キャンパスの安田講堂
住所目黒区駒場3丁目8−1 1号館 Googleマップ

>>コース概要に戻る

13:20 | C:1938年建造 東大教養学部900番教室

教養学部1号館と同じ、内田祥三、清水幸重師弟コンビの作品。1号館に突き当たって左に曲がるとある。入口の形状を良く見ると内田作品らしさが出ているものの、白を基調とした外観は他作品と比べて異質。用途は講堂兼教室。内部は改装されて綺麗に保たてれおり現役バリバリ。

内部の丸みを帯びた天井が格好いいのですが、訪問日は学生さんが使っていて撮影できず。残念。

住所目黒区駒場3丁目8−1 講堂 Googleマップ

>>コース概要に戻る

13:30 | D:1935~36年建造 日本民藝館

東大の駒場キャンパスを西側から出て、少し歩いたところにある美術館。本館と西館で構成され、両者とも東京都の指定有形文化財。本館は1936年に民藝運動の主唱者である柳宗悦が中心となり設計されたもので、当時の旧館に後年作られた新館が繋げられ一体化している。道の向かい側にある西館は、柳宗悦の自宅だった建物で、1935年に完成。栃木県から移築された大きな門が特徴的。

民藝運動って何?という方は、コチラが詳しいです。

時間に余裕のある方は是非、内部見学してください。時代を先取りしたモダンな和風建物です。

こちらが本館。なんと休館日。がっくり。
向かいにある西館。内部の公開は一部の日付のみ。この門は一見の価値ありです。
西館の門、栃木から持ってきたものだそうです
住所目黒区駒場4丁目3−33 Googleマップ
TEL03-3467-4527
営業時間10時~17時
定休日月曜日・展示入れ替え時
入館料一般1200円

>>コース概要に戻る

13:45 | E:1929年建造 前田侯爵邸 洋館

あの「加賀百万石」の前田家が昭和4年に建てた洋風の住居、高橋貞太郎設計。重要文化財。暖炉やシャンデリアなどは概ね当時のまま残存しており、華族の豪華な暮らしぶりが伺える建物。元々は本郷に住んでいた前田家が、東大の拡張に伴い昭和初期には「田舎」だった駒場へ移住したことで、この地に似つかわしくない(!?)、お洒落な建物が誕生した。内部は無料で一般公開されており、豪華な内装、テレビ・映画でも用いられるという大階段は必見。

のだめカンタービレや、華麗なる一族が撮られた場所です

正面入り口、レンガは複数の色が組み合わされている
玄関入ってすぐの空間、柱や壁の装飾が豪華
ドラマなどで出てくる階段
住所目黒区駒場4丁目3−55 旧前田侯爵邸洋館 Googleマップ
TEL03-3466-5150
営業時間9時~16時
定休日月曜日・火曜日

>>コース概要に戻る

14:15 | F:1930年建造 前田侯爵邸 和館

あの「加賀百万石」の前田家が昭和5年に建てた和風の住居。佐々木岩次郎設計、重要文化財。住居といっても、外国からの客をもてなす迎賓目的が強かった。洋館と同じく和館も内部が無料で一般公開されており、自由に見学することができる。お勧めポイント1つ目は入口付近、外部から見るとオレンジ色の灯りがすりガラス越しに暖かく見える点。2つ目は和館内から見る日本式の庭。どちらも非日常の風景が広がる。

齢を重ねた日本家屋とオレンジ色の灯りがマッチしています
天下の前田家、大きな客間が広がります
窓越しに見る庭園の風景が見事
住所目黒区駒場4丁目3−55 Googleマップ
TEL03-3460-6725
営業時間9時~16時
定休日月曜日・火曜日

>>コース概要に戻る

14:40 | G:1929年建造 東大先端科学技術研究センター13号館

東大の駒場第2キャンパス「先端科学技術研究センター」のシンボル。国の登録有形文化財。正面入口を入るとすぐに真正面に建っている。内田祥三、清水幸重師弟コンビの作品。旧東京帝国大学の航空研究所本館として建てられた。四角く控え目な意匠ながら、入口の柱は迫力十分。

大きな建物の中央部に建つ細い時計塔がチャームポイントです。

装飾は控え目ながら、入口の極太の柱は迫力を感じます
住所目黒区駒場4丁目6−1 13号館 Googleマップ

>>コース概要に戻る

14:45 | H:1928年建造 東大先端科学技術研究センター1号館

内田祥三、清水幸重師弟コンビの作品。元々は東大航空研究所風洞部研究室として作られた、風洞実験のガチな施設。航空機、鉄道、自動車などの開発で長年貢献し、現役で用いられている。13号館とは異なり、学術施設とは思えないお洒落で凝った正面外観が特徴。

側面へ回ると意外と大きいことにびっくりします

お洒落な洋館のような外観
側面に回ると馬鹿デカイ建物であることが分かる
住所目黒区駒場4丁目6−1 1号館 Googleマップ

>>コース概要に戻る

東大名誉教授がおしえる! 建築でつかむ世界史図鑑
城、礼拝堂、庭園、塔、港、広場、水道、鉄道…歴史を今に伝える建築を知ることで、古代から現代まで世界史を大づかみする!
お散歩案内人プロフィール
街歩きを愛する夫婦

東京下町生まれの夫と、東京在住20年を超える妻。デート代節約のため散歩デートを繰り返すうちに、いつの間に街歩きマニアに。東京23区の散歩コース紹介サイト「明日どこいく?」運営。実際に歩いて作成した散歩コースは100以上。特に好きなジャンルは、御朱印・商店街・建築・庭園・食べ歩き。東京シティガイド検定ゴールドバッジ保有。

なおごんずをフォローする
明日どこいく?(あすどこ・明日どこ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました